【世阿弥は絶世の美少年-室町時代ネタ】

平安~室町




 

【世阿弥は絶世の美少年-室町時代ネタ】

 

 

突然ですが、あなたは「華がある人」

と言われると、誰を想像しますか?

 

一流のスポーツ選手、人気俳優、

アイドルや憧れの異性など、

浮かび上がる人物はそれぞれと思います。

 

ただ外見が美しいだけではなく、

その人がそこにいるだけで、

感じさせる何かがある。

 

非常に近い言葉を使えば、

カリスマ性を纏っているといった感じ

でしょうか?

 

今回の世阿弥は、間違いなく

「華」がある人物です。

 

 

〇絶世の美少年だった

 

教科書には、こう書かれています。

「能は足利義満の保護を受けた観阿弥と

世阿弥によって完成し、……。」

(「中学生の歴史」 帝国書院p.81)

 

だけど、これって何故?

何故、義満はこの二人を保護したの

でしょうか?

 

決まってます。

義満は、世阿弥が好きだったのです。

(また、こんな感じのネタが出てきて

しまいましたね。)

 

一目見た瞬間、ノックアウト!

恋に落ちてしまった義満。

 

しかし、征夷大将軍である義満に

挑戦状を叩き込む男が一人いました。

 

貴族のトップ、二条良基です。

(連歌の大成者としても有名です。)

彼もまた、世阿弥にぞっこんLOVE。

 

今まさに、世阿弥をかけた

激しい戦いの火蓋が切られました。

 

そんなある日、二条良基は、

「私を、世阿弥の家庭教師にしてくれ。」

と義満に言います。

 

普通であれば、「NO!」となりますが、

意外にも義満の答えは「YES!」でした。

 

と言うのも、世阿弥が絶世の美少年

だったのは確かですが、

 

芸事における才能もずば抜けたものを

持っていました。

 

そんな世阿弥が、貴族のトップから

教育を受けたらどんな人物に化けるのか、

 

これが、義満の狙いでした。

 

結果、世阿弥は日本が誇る伝統芸能、

「能」を完成させるのです。

 

 

〇人を魅了する「華」

 

能の何が凄いのかって言うと、

能というのは面を被って演じるので

容姿は全く関係ありません。

 

容姿端麗な世阿弥も、能を上演する際、

実力勝負になります。

 

何より、人を惹き付ける為には、

速い動きの方が断然有利なのですが、

(↑ラ~~イジィングサ~ン!みたいな…)

 

能はゆっくりした動きで惹き付けます。

 

能で人を惹き付けることは、他と比べ、

圧倒的に難しいのです。

 

しかし、

世阿弥は人々を魅了し続けました。

 

周りを圧倒する「華」がある人物だった

世阿弥。

 

観阿弥・世阿弥による能は「観世流」

と呼ばれ、今も受け継がれています。

 

いかがでしょうか。

 

彼の著書『風姿花伝』において、

「花」とは、「人を感動させ、魅了する」

ことと書かれています。

 

「秘すれば花」という言葉が有名ですが、

全てを大っぴらにしないからこそ、

何処に感動が隠されているのか、

観客はワクワクしながら

彼の演技に魅了されていたのですね。

 

まさにエンターテイナー。

現代にも通じる考え方がこの時代から

あるのです。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。