【奈良時代の授業ネタ-小ネタ②】

古墳~奈良




 

【奈良時代の授業ネタ-小ネタ②】

 

 

どうも、野本です。

 

奈良時代の小ネタ2回目です。

 

【東大寺建立の真相】に音声を

載せました。

よろしければ、参考にして下さい。

 

 

〇世界的にも珍しい歌集、万葉集

 

奈良時代の歌集と言えば、万葉集。

 

天皇から一般の人々まで、様々な心情が

込められた歌が登場します。

 

現代人からしてみれば、歌を通して

当時に思いを馳せることが出来る

訳ですが、

 

この万葉集、

世界的にも非常に珍しいものなのです。

 

「え!?どこが?」と思いますよね。

 

もうすでに答えは言ってます。

 

『天皇から一般の人々まで、様々な歌が

一つの歌集としてまとめられている』

からですね。

 

世界の歴史を見たとき、

世界は厳格な身分制度によって

支配されている国が多く、

このように、様々な身分の人々が

一緒にまとめ上げられることは

非常に少ないです。

 

逆に、当時の日本は、

差別的な意識が弱く、

庶民文化的な側面が強いことが

うかがえます。

 

そもそも、

一般庶民でさえも歌を詠み、

それを残せた位ですからね。

 

こういうことを考えたとき、

世界的な流れとは一味違う、

日本の文化って素晴らしいな~と

思いませんか?

 

 

〇国際都市、平城京

 

奈良の天平文化の特徴として、

「国際色が豊かな仏教文化」みたいな

感じで習いますよね。記述問題です。

 

基本的には、その証拠として

「正倉院」が挙げられます。

 

聖武天皇の宝物として収められていた

物が、シルクロードなどを経て、

日本にたどり着いたからですね。

 

ただ、他にも例は挙げられます。

 

奈良の大仏の開眼供養の際、

平城京に中国人や朝鮮人だけでなく、

インド人やベトナム人も訪れ、

一説ですが、白人も来ていたのでは

ないかとさえ言われています。

 

この時、平城京にいる人の4分の1が

外国人だったそうです。

 

「国際色豊か」と言っても、生徒には

何のことだか分からないと思いますので、

こういうことも言ってあげて、イメージを

膨らませてあげると良いと思います。

 

最後に、鑑真来日

♪鑑真が、唐の国から登場だい(唐招提寺)

登場だい(じ)=唐招提寺(とうしょうだいじ)

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。