【藤原の名前の由来-授業ネタ】

古墳~奈良




 

【藤原の名前の由来-授業ネタ】

 

 

どうも、野本です。

 

今回は、乙巳の変のしばらく後。

 

中臣鎌足が天智天皇(中大兄皇子)から

「藤原」の姓を賜った時のお話です。

 

 

〇歴史書に書かれているエピソード

 

中臣鎌足が亡くなるのは669年ですが、

この頃、天智天皇(中大兄皇子)とは

少し険悪な仲になっていたようです。

 

ところが、天智に

「鎌足の容態が思わしくない」という

知らせがやって来ます。

 

天智は思い出します。

理想の政治について熱く語り合ったこと。

共に入鹿打倒の為に立ち上がったこと。

大化の改新を進めていったこと。 etc.

すると、

「鎌足ィィィー!!」

 

居ても立っても居られなくなった天智は、

猛スピードで鎌足の屋敷まで行きます。

 

家の戸がうるさいものだから、

鎌足の息子、不比等が開けたらビックリ!

そこには最高権力者、天智天皇が

立っているのです!

 

天智:鎌足は何処だっ!!

 

不比等:はいっ!こちらです!!

 

天智は屋敷を猛ダッシュ。

床に臥している鎌足を見付け、

話します。

 

天智:鎌足よ、少しの間仲違い

していたが、全て私が悪かった。

今までのこと、許してくれ。

 

すると、鎌足も

 

鎌足:私こそ、白村江の戦いの際、

軍略で貢献出来ませんでした…。

 

天智:それ以上は言うな。そうだ!

お前に大織冠(だいしょくかん)の位と

藤原の姓を与えよう。

これで、そんなことを気に病む必要は

無くなるだろう。

 

鎌足は涙ぐんで喜びました…。

最高の栄誉を手にした鎌足ですが、

その翌日、息を引き取りました。

 

その後、一族は藤原氏と名を変え、

繁栄していくことになります。

 

 

〇実際はどうだったのか

 

上述していることは、恐らく、

藤原の姓の権威を強める為に

作り上げられた、創作話かと思います。

 

飽くまで一説に過ぎませんが、

「藤原」とは、彼ら一族の在り方を

示すものだと言われています。

 

冒頭の画像の花、何か知ってますか?

『藤の花』ですね。

 

大きな木に蔓(つる)で巻き付き、

美しい花を咲かせる。

この藤の姿が、天皇という大木に

巻き付き、何百年も栄華を誇った、

彼ら一族の在り方に似ています。

 

そこから、「藤原」と名乗るように

なったのではないか。

そんな説もあるんですね。

 

この話を知った時、何か、

こうまでしなければ存続できない、

当時の貴族社会の儚さのようなものを

感じてしまいました。

 

その中で、藤原氏は栄華を極めていく

のですね。

 

あっ、画像は、有名な春日大社で

撮影したものです。

また行きたいな~。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。