【聖徳太子の授業ネタ2】

古墳~奈良




 

【聖徳太子の授業ネタ2】

 

 

どうも、野本です。

 

聖徳太子の授業ネタ2回目です。

聖徳太子にまつわるエピソードを

ご紹介します。

 

 

〇攻めの外交、遣隋使の派遣

 

607年、小野妹子を遣隋使として

派遣しました。

 

・中国の進んだ文化や制度を学ぶため

・中国と対等な外交を目指すため

 

この部分がテストの記述で出題されます。

 

「中国と対等な外交」というのは、

日本から隋の皇帝煬帝(ようだい)に

渡した国書がその証拠です。

 

「日出づる処の天子、書を日没する処の

天子に致す。つつがなきや…」

 

これに対して、煬帝は激怒したと

言われています。

 

一体、何故激怒したのでしょうか?

皆さんが皇帝なら、何処で怒りますか?

(考え中)

実は、日本が「天子」を名乗ったことに

激怒したと言われています。

 

天子というのは、中国の皇帝のみが

名乗って良いものだったのです。

 

日本が中国の家来としてではなく、

対等な国家としてやっていく、

そんな聖徳太子の意図が見えてきます。

 

では、何故中国と対等になりたかった

のでしょうか?

 

それは、新羅が関係してきます。

 

当時、日本は新羅と仲が悪く、

お互い敵視していました。

 

しかし、その新羅は中国の家来的存在。

 

中国と対等になれば、自ずと新羅より

上の国家になれるわけです。

 

ここまで、聖徳太子は考えていました。

攻めてますね~。まさに攻めの外交。

 

これ以降の日本は、

「中国にあるものは日本にもあるべき」

といった視点で、国家を整備します。

(平城京などが代表例ですね。)

 

話は少し飛びますが、

日本初の独自年号である「大化」も、

日本の自立を表す例と言われています。

 

 

〇素晴らしき小野妹子

 

ところで、小野妹子。

 

帰国後に冠位十二階の最上位を

もらっています。

 

一体、

小野妹子に何があったのでしょうか?

次の3つから選んで下さい。

 

それでは、

クイズ、タ~イムボカン!

(確か、アニメでしたよね…。)

 

①皇帝に大変気に入られたから

②帰国後、様々な分野で活躍したから

③皇帝からの手紙を無くしたから

(考え中)

はい、いかがでしょうか?

 

実は、答えは、

 

『③皇帝からの手紙を無くしたから』

でした🎯

 

どういうことか?

 

一説によると、

怒った煬帝が日本に書いた手紙は、

とても持ち帰って見せられる内容では

なかったと言われています。

 

それを察知した小野妹子は、

自ら手紙を処分し、紛失してしまった

と伝えたのです。

 

一時は流罪を命じられるも、すぐに解除。

高度な政治的判断と高く評価され、

冠位十二階の最上位を与えられました。

 

 

う~ん、全てが真実かどうかは

分かりませんが、

 

聖徳太子にしても、小野妹子にしても、

かなり攻めてますよね~。

 

この姿勢、見習いたいものです。

 

最後に、607年 遣隋使の派遣

♪皇帝怒る607(無礼な)手紙

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。