【防人はつらいよ-奈良時代の授業ネタ】

古墳~奈良




 

【防人はつらいよ-奈良時代の授業ネタ】

 

 

どうも、野本です。

 

今回のテーマは防人です。

 

サラッと流す感じの方も多い

と思いますが、

テスト頻出語句ではありますよね。

 

もし、詳しく話すとしたら、

生徒たちにどうやって伝えますか?

 

そういう際の参考にしていただけると

幸いです。

 

では、

当時、最も負担が大きかった労役に

防人があります。

 

大宰府のもとで、男性が九州北部を守る。

期間は3年間です。

 

言ってみるなら、単身赴任のような感じ

ですよね。

 

ただ、この時代、

自分の家と九州を行き来できませんし、

手紙などの通信網も存在しません。

 

家族からしてみれば

一番の働き手を失うことになる上、

税の面での優遇措置なども無かった

ようですから、一層大変な思いを

しなければなりませんでした。

 

この状況下、

皆さんならどうでしょうか?

自分の愛する人と3年間も音信不通で

耐えられますか?

 

現代でこんなことあったら、絶対破局

してますよねwww(毒)

 

「行ってくるよハニー。」とか言って、

雨の日も風の日も、3年間ずっと彼女の

ことを思い続けて頑張っていたのに、

いざ帰って来てみると、

他の男と交際していたみたいな(爆)

 

遠距離恋愛は中々上手くいきません。

 

話は変わりますが、万葉集の「防人の歌」

って結構オススメです。

 

有名どころであれば、

 

・防人が詠んだ歌

から衣 すそに取りつき

泣く子らを 置きてぞ来ぬや

母なしにして

[衣の裾に取りついて泣く子どもたちを

置いてきてしまった。私の子どもには

母親もいないのに]

 

・防人の妻が詠んだ歌

防人に 行くは誰(た)が背(せ)と

問う人を 見るが羨(とも)しさ

物思いもせず

[「防人に行くのは誰の夫かしら?」

と周りの人たちが言っているのを見ると

羨ましい。何も思い悩むこともしないで]

↑死ねば良いのに!(みたいな感じ?)

 

ちょっとピュアなものもご紹介。

 

・上総(かずさ)の国の青年が詠んだ歌

大王の 命(みこと)かしこみ

出で来れば 我(わ)ぬ取り付きて

言ひし子なはも

[天皇の命によって、いざ出ようと

した時、彼女が私に取りすがり、

懇願してきたことを忘れられない]

↑きっと、「行かないで」とか、

「無事に帰って来て」みたいな

ことを言われたのでしょう。

(これは、大まかに私が直訳しました…)

 

他にも、グッとくるような歌が

沢山あります。

 

自分で調べて、気に入った歌を

紹介してあげても良いかも知れませんね。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。