【中国の環境問題と、環境意識を解説!】

アジアの多様性と経済発展




 

【中国の環境問題と、環境意識を解説!】

 

 

ある日、帰宅時にコンビニに寄った際、

私はお茶を買い、車で一休み。

 

その時、大きな車が隣に駐車。

降りた男は店の中に入るかと思いきや、

 

外に設置してあるゴミ箱に、

大きな袋をぶち込んで帰っていきました。

 

すんげぇ胆力だなΣ(゚Д゚)

どうも、野本です。

たまにこういう人見かけますよね。

かなりの手練れだなと思ってしまいます。

私も時々ポイっちょしてしまいますが…。

 

ただ、ゴミ箱に捨てることはありますが、

罪悪感からついつい入店してしまいます。

これがお店側の狙いなんでしょうね。

術中にまんまとハマっています。

 

と、今回は、

私はまんまとお店の術中にハマっている、

こんなことを述べたいのとは違います。

 

さて、今回のテーマは、

「中国の環境問題・意識」

についてです。

よろしければお付き合い下さい<(_ _)>

 

 

〇聞いた話ですが…

 

どうだって良い話かも知れませんが、

日本人と中国人、どちらが綺麗好き

でしょうか?

答えは簡単です。日本人と中国人では、

圧倒的に日本人の方が綺麗好きです。

 

聞いた話なので、自分で確かめた訳では

無いのですが、、、

 

中国のスパ施設は、

浴槽にお湯が溜まっているだけなのだと。

つまり、お湯の対流がありません。

 

すでに淀んでいるお湯の中で若者達が

はしゃいでいる姿は、

日本人からすると中々引いてしまう

光景だそうです。

 

もしかすると、水資源などの問題も

あるのかも知れませんが、

日本人からすると不潔に見えてしまう。

 

でも、

中国ではそれが割と当り前なんですね。

 

まあ、これだけで綺麗好きの度合いを

比べることは出来ないかも知れませんが、

ご参考程度に。

 

 

〇大気汚染

 

単刀直入に述べますが、

北京の1km先の景色は見えない

と良く言われます。

 

大気汚染が酷くて、

景色が見えなくなるんですね。

 

公害が大問題となっていた、

当時の日本のようです。

 

また、PM2.5の問題もありますよね。

これは、全て中国が原因ではないですが、

中国で生じたPM2.5が偏西風により

日本まで来ています。

 

排煙や排気ガスの規制が守られておらず、

また、使用するガソリンなどの燃料も、

質の悪いものを使用している為です。

 

こういう所は何も触れようとはせず、

「さすが!」と言いたい所ですが、、、

 

被害に遭っている方々からすれば、

溜まったもんじゃありません。

 

 

〇おわりに

 

いかがでしょうか。

 

現在、北京から直線70km行った所に、

砂漠があります。

 

降り積もる黄砂や砂漠化を止めるには、

緑化が重要だと言われますが、

中国では水問題も存在しています。

水が無いと緑化は進められません。

 

また、水質の悪化も問題視されており、

環境の改善を早急に行う必要があります。

 

…と言われている訳ですが、

今後どうなるのかは分かりません。

 

あ💡ちなみに、

最初の画像は北京のものです。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。