【宗教改革の授業-ヨーロッパのネタ①】

戦国~安土桃山




 

【宗教改革の授業-ヨーロッパのネタ①】

 

 

今回から、戦国時代へと入っていきます。

 

まぁ、厳密には、

戦国時代という区分はありませんが…。

 

先ずは、この時代に大きな影響を与えた、

ヨーロッパの動きについてです。

 

今回はちょっとした内容ですが、

よろしければお付き合い下さい。

 

 

〇プロテスタントの台頭

 

十字軍の遠征などで莫大な費用を使い、

疲弊していたカトリック教会。

 

サン・ピエトロ大聖堂建築資金を名目に、

免罪符を販売します。

 

これが引き金となり、ルターらが抗議。

(まあ、免罪符って、言ってみれば

怪しい壺などと同じですからね。)

 

カトリックから分離し、彼らは

プロテスタント(抗議する者)と呼ばれ、

 

ヨーロッパ中にプロテスタントの勢力が

拡大していきました。

Aさん:皆、プロテスタントだよねー?

 

Bさん:うん、やっぱりそうだよねー。

 

A・Bさん:C君もそうでしょー?

 

C君:ご、ごめん…。僕、カトリック…。

 

A・Bさん:えっΣ( ̄□ ̄|||)

みたいな感じですね。

そこで、

カトリック教会はイエズス会を結成。

 

教会内の改革と、

海外布教に乗り出していきます。

 

 

〇ザビエルの来日

 

ここで、有名なザビエルが来日します。

 

ところで、色んな逸話があるこの方。

 

フランシスコ=ザビエルって、

本名ではないのをご存知ですか?

 

本名は、

フランシスコ=ジャッコア=

アルピルクエルタ=エチェベリーアです。

 

あれっ(゚д゚)!

ザビエルって何処にもない…。

一体、どうしたことなのでしょう?

 

答えは非常に単純です。

(たったひとつの単純な答えだ…)

↑ネタ元知らない方、ごめんなさい。

 

聞き取れませんでした(ノд`@)アイター

語学が苦手な日本人らしいですね。

 

当時の資料も、彼のことは色々な書き方

をしています。

(何回名前を聞いても、恐らく

聞き取れなかったのでしょうね。)

 

どちらにせよ、その名前を呼んだとして、

彼が振り向くことはありません。

 

最後に、

1549年 ザビエル来日

♪1549(以後よく)やって来る宣教師

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。