【安土桃山時代の授業ネタ-小ネタ①】

戦国~安土桃山




 

【安土桃山時代の授業ネタ-小ネタ①】

 

 

どうも、野本です。

 

お盆休みが終わりました(-ω-;)

 

「ぐおぉぉーー!」みたいな葛藤が、

心の中で暴れ続けております。

 

会社員時代は、8月末にテストを行う

中学校の生徒を担当したことがあり、

今頃は休みなしで一直線でした。

(と言うことは、以前よりマシか…。)

 

つーか、時期をもう少し考えた方が…。

何の為のテストなのか、イミフでした。

 

生徒達が夏休み中、勉強をサボらない

ようにする為なのでしょうか…。

 

と言っても、その中学校って

失礼ながらも、市内でワースト10には

入っている程の学力底辺校でした。

 

他にも要因があるのだとは思いますが、

カリキュラムの効果が出てないぞ!

ヽ(`Д´)ノプンプン

 

ってことで、

 

今回は二つ程お話出来ればと思います。

 

 

〇顕如(けんにょ)は何処(いずこ)へ…

 

石山本願寺との戦い(石山合戦)は

ご存知ですね。

 

後でこの場所に大阪城が築かれる位、

貿易や交易の拠点として優れていたので、

織田信長に目を付けられました。

 

しかし、一向一揆は

信長からしても手強い相手でした。

降参させるのに10年かかっています。

 

彼らは、死んで極楽浄土に行ければ

最高の人生であることを、

本気で信じ込んでいる人達です。

 

しかし、彼らは具体的な浄土の行き方を

知りませんでした。

 

南無阿弥陀仏を唱えてはいるが、

本当に極楽に行けるのか?そんな時っ!

 

信長との全面対決を前に、

石山本願寺のリーダー顕如(けんにょ)が、

「必ず極楽に行ける秘法を与える!」と

全国の信徒に号令を出します。

 

全国の一向一揆のリーダー達が集結。

顕如の伝える秘法を授かります。

 

顕如:これから始まる信長との戦いは、

仏敵との聖戦!この戦い、死ねば極楽、

逃げれば地獄よ!!

 

これが全国の一向一揆に広まり、

信徒は信長と戦う為、立ち上がります。

 

戦って死ねば極楽に行けると聞き、

なんとっ!

 

寝たきりの老人達までもがスクッと

立ち上がり、戦いに参加したとか…。

 

彼らは竹槍で信長軍に向かっていき、

斬られると「ありがたい。」と言って

死んでいきます。

 

こういう連中は確かに面倒ですね…。

(想像すると少し可笑しいですが。)

 

しかし、戦いが厳しくなると、

肝心の顕如は降参し、

和歌山の方に逃げて行きました。

彼は、今、極楽にいるのでしょうか?

それとも地獄にいるのでしょうか?

 

 

〇楽市楽座の優れている点

 

楽市楽座の優れている点って、

きちんと説明出来てますか?

 

楽市=市場にかかる税金を免除

楽座=座を廃止

 

当時、商売をする為には座に所属し、

その場を治めている人に

税金を払わなければなりませんでした。

 

これが、

自由な商売の妨げになっていたのです。

 

ですから、これを廃止。

 

すると、新しく商売をしたい人は

どうするか?

 

我先にと、もの凄い勢いでその場に

集まってきますね。

(早く商売出来た方が有利な訳です。)

 

これにより、人・物・金を同時に

手に入れることが出来たという訳です。

 

この部分は、生徒に理屈を説明して、

商人の立場ならどうするかをしっかり

考えさせたいですね。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。