【平将門の首塚-平安時代ネタ】

平安~室町




 

【平将門の首塚-平安時代ネタ】

 

 

突然ですが、問題です。

日本三悪人ってご存知ですか?

もしくは、誰のことだと思いますか?

はい、答えは、

『道鏡・平将門・足利尊氏』ですね🎊

 

天皇の座を脅かしたということで、

こういう風に言われています。

 

今回は、平将門のお話です。

 

 

〇平将門の祟り

 

東京都千代田区に、平将門の首塚が

あります。

 

これは、平将門が下総(千葉県)で

戦っていた時、首をはねられ、

 

なんとなんとっ!その首は東京まで

飛んで来たと言われています。

 

それを祀っているのです。

 

一説によると、首が落ちて来た時、

「オレは、平の新皇、将門なり。」と、

首が喋ったという話もあります。

 

それだけだと、アホみたいな話

なんですが、

 

しかしですね、この首。

ヤヴァイんですよ😱👻

 

こんな話があります。

日本が戦争に負け、GHQの占領下に

置かれた時、

 

平将門の首塚が邪魔だということで、

GHQは地元住民の反対を押し切り、

首塚を撤去しようとしました。

 

GHQがブルドーザーを用意し、

撤去しようとした、その時っ!

 

1台のブルドーザーが突然暴走し、

2、3人を轢いてしまうのです!!

 

GHQ:ゴ、ゴースト😱GHOST!!👻🌀

こうして、平将門の首塚は、

今もなお残り続けているのです…。

 

 

〇良い人過ぎた将門

 

何故、将門は反乱を起こし、

討たれてしまうのでしょうか?

 

当時の背景として、

地方の治安を守っていたのは

武士でした。

 

しかし、武士は土地の所有権が

認められていないなど、

決して優遇される存在では

なかったのです。

 

更には、中央から来た国司達が

威張り散らし、自分達の作物を

奪っていきます。

 

武士達から見れば、貴族なんかに

ペコペコ頭を下げたくないし、

自らで収穫した作物は、自らの為に

使いたいと思いますよね。

 

こうして武士達は、

自分達の本当のリーダーを求める

ようになっていったのです。

 

それが、平将門だった訳ですね。

 

将門を討ち取った人物は、

関東最強の武士と言われた

藤原秀郷(ひでさと)です。

 

しかし、この秀郷。

最初は将門に従おうと考えて

いました。

 

秀郷は、将門の仲間に入れてもらう為、

今までしたことが無い程の正装で

将門の下へ向かいました。

 

しかしっ!タイミングが悪かった。

この時、将門は何をしていたか?

 

トイレ?ごはん?それともお風呂?

 

将門は、お風呂に入っていました。

 

それの何が悪かったのか?

 

将門は、秀郷が自分の下に来た時、

もう大喜びで、急いで冠もせず、

少々だらしない服装で秀郷と対面

してしまいました。

 

これは、きちんとした身なりで来た

秀郷からして見れば、舐められたのと

同じなんですね。

 

こうして秀郷は、将門にただ挨拶をする

だけで帰ってしまったのです。

 

これが将門の敗因に繋がってしまった

訳ですね。

 

将門の堅苦しいことを気にしない、

大らかで良い人柄が、逆に仇となって

しまったのです。

 

いかがでしょうか。

 

日本三悪人に数えられていても、

実は平将門は良い人だったようです。

 

そもそも、多くの人から支持されないと、

反乱なんて起こせるわけありません。

 

時代の変化や、人の視点によって、

良い人も悪い人も変わってしまうもの

なのかも知れませんね。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。