【君の授業は〇〇円】

社会科講師初級編




 

【君の授業は〇〇円】

 

 

どうも、野本です。

 

今回は、社会科講師としての嗜み、

マインド系のお話です。

 

ところで、

あなたの1回の授業は何円か、

考えたことはありますか?

(考え中)

さて、どうでしょうか?

月々20000円で週2回と考えると、

20000÷8=2500円となります。

 

また、ここで考えてみましょう。

あなたの授業に、

それ位の価値はありますか?

(考え中)

中々、難しい質問ですよね。

「無い」とは答えて欲しくありませんが…。(^_^;)

 

しかし、一般的に言われていることです。

2500円というと、

 

これは、

映画1本分以上の金額になります。

 

故に、我々塾講師の授業は、

『映画1本分以上の感動がなければならない。』

 

ちょっと、重苦しいですが、

その位の気持ちで臨んでいますか?

 

もしくは、

それ以上の気持ちで臨んでいますか?

 

ノウハウ的なものは当然大事ですが、

マインドも伴っていないと、

そこで止まってしまうということも

よく言われていることです。

 

「はぁ~、授業だりぃ…。」とか考えて、

嫌々教室に向かっていませんか?

 

少なくとも私が会社勤めの時は、

沢山こういう人を見てきました。

 

モチベーションが下がる時は、

絶対に誰にでもあります。

 

そういう時は、のんびり構えて

気持ちをセットし直して良いと思います。

 

しかし、再び気持ちをセットしたなら、

本気の気持ちで教室に向かいましょう。

 

あなたの授業を生徒が待っています。

 

それこそ、

ミュージシャンがライブでファンの前に

立つように、堂々と授業に臨みましょう。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。