【キレのある人を目指せ!】

社会科講師初級編




 

【キレのある人を目指せ!】

 

 

どうも、野本です。

 

突然ですが、

どんなに、分かり易く説明しても、

どんなに、面白く語っても、

「生徒が寝てるよっ!」Σ( ̄□ ̄|||)

 

そんな経験はありませんか?

 

もし、あるのだとしたら、

足りないものは何だと思いますか?

生徒の疲れがピークに達している

場合など、例外はあるかと思いますが、

 

ズバリ!足りないもの、

それは『動き』かと思います。

 

動きが全くない、または単調な授業は、

メリハリがなく、退屈に感じてしまうのです。

 

皆さんは、

生徒の前でただ突っ立って

説明していないですか?

 

「身振り手振りなんて、恥ずかしい。」

そんな風に考えていませんか?

 

ずっと教卓に寄っかかって

話をしていませんか?

(結構そういう人多いです。)

 

だとしたら、勿体ない!

もったいないお化けと

ワンガリ・マータイさんが

出てきそうなくらいMOTTAINAI!!

(出たっ!(゚Д゚;))

 

授業で絶対に覚えて欲しい内容の時、

それを印象付けるため、『動き』を

入れるのは非常に効果的です。

 

例えば、

「伝えたいことが1つあります。」

と言う時、

実際に人差し指を立てて

生徒に見せる。

 

「これ絶対大事だから!!」

と言う時、

大きく速く何度も腕を振り下ろす。

 

もちろん、方法は人それぞれです。

「ここぞ」っていう時の

自分がとる『動き』を考えて見るのも

面白いかもしれません。

(そこまで来たら、ベテランの域かと

思いますが…。)

 

とにかく、まずは授業をしている時、

自分がどんな『動き』をしているかを

意識して見ましょう。

 

また、

一般的に『動き』に関しては、

「キビキビ」している方が

より人を惹き付けます。

これは、ヒップホップなどの

『動き』の速いダンスを考えると

分かり易いかと思います。

(盆踊りで人を惹き付けられたら

天才ですよね。)

 

いざという時のために、

キレのある『動き』を意識して見ましょう。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。