【奴隷の悲劇と白人の残虐さ】

アフリカの人々の暮らしとその変化




 

【奴隷の悲劇と白人の残虐さ】

 

 

突然ですが、

クイズです🕊🎩❓

 

黒人が奴隷として扱われていた時代、、、

なんとっ!?着替え中の白人女性の前を、

黒人男性が通り過ぎました。

 

この時、白人女性は、

どんな反応をするでしょうか???

次の①~③から選んで下さい。

 

①当然、キャーッと叫ぶ

②有無を言わさず銃殺

③全くの反応なし

(考え中)

はい、いかがでしょうか。

正解はぁ~~~、ジャジャン♬

③全くの反応なし

でした~👏🎊👏

 

当時、黒人はペット以下の扱いでした。

同じ人間ではなかったのです。

 

犬や猫と同じような存在であれば、

裸を見られても何も感じませんよね。

 

って、凄い感覚ですけどね(;^_^A

 

どうも、野本です。

もう3月、早いですよね。

 

新型コロナウイルスが、

かなり大げさな騒ぎになっています。

 

用心した方が良いのは当り前ですが、

メディアの流す情報を鵜呑みにし過ぎる

のも危険です。

 

トイレットペーパーやティッシュが…

となってしまっていますが、、、

 

スーパーの店員いわく、

「明日も入荷するんですけどね~(;^_^A」

とのことでした。

 

なんとまあ、

日本人って本当にメディアに弱いな。

そう感じてしまいます。

 

メディアリテラシーを鍛える為にも、

やはり社会科は重要です。

 

日本のメディアリテラシーは、

あなたの授業にかかっている

知れませんね^^

 

さて、今回のテーマは、

奴隷です。

 

よろしければお付き合い下さい<(_ _)>

また、関連記事はコチラです。

【コートジボワールってどういう意味?】

 

〇白人至上主義

 

さて、今回のお話ですが、、、

 

白人が全て。

少なくとも、戦前にはそんな風潮が

ありました。

 

ローマ法王もこう言っています。

白人であれば罪は無い。

要するに、白人だけが人間だったのです。

 

私達日本人は、

「イエローモンキー」「ビースト」と

呼ばれていましたね。

 

まったく、素晴らしい限りです(皮肉)。

 

白人の残虐さや傲慢さに関しては、

関連記事が割と多いです。

歴史の動きと切り離せないですからね。

 

あれ!?

私、白人のこと好きなのかな~(・・?

【植民地政策の広まり-近代のネタ】

【世界が慄く日本の提案-大正時代ネタ】

【午前八時一五分は毎朝やってくる-昭和時代ネタ】

【バカンスって、、、何で可能なの❓】

 

〇ネタの多い人種…

 

本当に、ネタの多い人種です。

 

う~ん、何を語れば良いか、

本当に困ってしまいます。

 

ですので今回は、

関連するお話を3つ程ご紹介致します。

 

コンゴにて

コンゴは、ベルギーの植民地でした。

主に天然ゴムを栽培させられており、

そのノルマはかなり厳しいものでした。

 

ノルマが厳しいだけならまだしも、

ノルマとなる樹液量が未達成だった場合、

手を切り落とされました

 

インドで綿製品を製造できなくする為に、

イギリスがインドの職人の手を

切り落としたのとほぼ同じですよね。

 

国家は違えど、

白人であればやることは同じって訳です。

 

虎の穴

奴隷のお話とほんの少しズレますが、

お次はベトナムの話。

 

フランスの植民地だった当時、

虎の穴」という、

現地の人を閉じ込める施設がありました。

 

そこで行われていたことは非道そのもの。

 

閉じ込めた人々に石灰を投げつけ、

それから水を掛ける。

すると、熱が発生します。

 

熱くてもがき苦しんでいる人達を見て、

フランス人達は笑っていました。

 

日本に対する歴史的影響

豊臣秀吉政権の時、

キリシタンは何故弾圧されたのでしょう?

 

それは、日本の仏閣や神社を焼き払い、

日本人を奴隷として売っていたからです。

 

火薬1樽と女50人を交換していました。

 

キリシタンが寺社を破壊する様子を見て、

有名なルイス=フロイスは、

「今まで日本にいた間で、最も大いなる

楽しみを味わった。」と言っています。

 

そんな状況を見れば、弾圧して当然です。

 

そして、さすがは豊臣秀吉。

彼は、売られた日本人奴隷を連れ戻す

よう命じています。

 

しかし、

日本人から見れば英雄そのものですが、

キリシタンや白人達からすると、

豊臣秀吉はただの極悪人なのです。

 

〇おわりに

 

いかがでしょうか。

 

話のまとまりが無くなるので、

ここまでにしておきます。

 

奴隷のお話は、関連内容を含めると、

色んな例を挙げることが出来ますね。

 

今回、

アフリカ(地理)のお話だったのですが、

何故か歴史のお話にもなりました。

 

個人的には、垣根を作る必要は無い

と思います。

お互い結びつく部分がありますからね。

 

また、興味深いお話を出来た方が、

生徒の学習効果も高まるでしょう。

 

ただ、長々と語り過ぎないようには

注意しましょうね^^

 

今回は

「奴隷の悲劇と白人の残虐さ」と題し、

白人による人種差別の歴史について

お話ししました。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。