【授業は信じた道を行け!】

社会科講師初級編




 

【授業は信じた道を行け!】

 

 

さて、突然ですが問題です。

 

次の歴史の出来事を並べ替えて下さい。

それではスタート!!

 

①二十一か条の要求

②米騒動

③ベルサイユ条約

④ロシア革命

⑤原敬内閣誕生

(考え中)

さて、いかがでしたか?

 

答えは、

①→④→②→⑤→③です。

 

正解の方、おめでとうございます!

 

って、社会科講師としては当り前ですね💦

 

ただ、つながりを意識したいこの単元、

あなたがお使いのテキストでは、

時系列できちんと載っていますか?

 

国内と国外でカテゴリーを分けた方が

テキストとして作成し易いこともあり、

私が勤めていた会社のテキストでは、

時系列にはなっていませんでした。

 

これは、

テキストの作成上、仕方ないこと

かも知れません。

 

 

ただ、教える側としてはどうでしょう?

 

テキスト通りに進めるのに、

違和感を感じてしまうかも知れませんね。

う~ん、困った((+_+))

 

 

でもね、

こういう時は、

単純です。

単純ですよっ!!

 

『教える順番を変えましょう』

自分が納得いくように。

 

 

この場合だと、

①二十一か条の要求

②ロシア革命が起きる

③シベリア出兵から米騒動

④米騒動を経て原敬内閣誕生

⑤終戦でベルサイユ条約

 

みたいな感じでやれば良いのです。

 

何も、テキストの配列通りに

教えなければならないというルール

は存在しませんからね。

 

むしろ、テキスト通りに進んだ方が、

生徒にとっては暇かも知れません。

 

そんな時に、時系列もバラバラに

なってしまっていては、

生徒からすると何か脱線したような、

理解不能な印象が植え付けられて

しまうことになります。

 

なので、予習段階で

「ここは、この順番でやった方が良い。」

そう思う部分があったら、

テキストにとらわれず、試しましょう。

 

あなたの一足が生徒の道標となるのです。

「迷わず行けよ 行けばわかるさ」

 

 

また、

教える順番を変えるかどうかは別にして、

「米騒動」の単語の上に、

「ロシア革命」→「シベリア出兵」

とメモしてあげても良いですよね。

 

何事も工夫次第です。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。