【引っ張る話し方-プレゼンスキル】

社会科講師発展編




 

【引っ張る話し方-プレゼンスキル】

 

 

どうも、野本です。

 

今までプレゼンスキルと言うことで、

あなたの生徒が楽しく学び、

且つ、学習効果が高くなる

教授法を中心にご紹介してきました。

 

1つを取り入れるだけでも、

オリジナリティーある授業が可能ですが、

 

更に、複数を組み合わせることで、

無数の授業の切り口を生み出すことが

出来ます。

 

学んだことは、実践することで自分の

血肉になります。

 

よろしければ、あなたの授業にご活用

下さい。

 

 

さて、

今回は、話し方についてのスキルを

ご紹介したいと思います。

 

突然ですが、

「昨日さ、ディズニーランドに行って

来たんだ。」

 

と話すのと、

 

「昨日さ、メチャクチャ楽しくて、

もう、夢なんじゃないかって思う

所に行って来たんだ。」

 

と話すのでは、聞いている相手としては、

どちらの方が興味を持つでしょうか?

恐らく、後者ですよね。

 

「えっ!?ドコ言ったの?」と、

会話が弾むことがイメージ出来そうです。

 

このように、

話し方1つで生徒を惹き付けることが

出来ます。

 

是非、こういった

『続きが気になる話し方』を意識して

みて下さい。

 

この時の注意点ですが、

話しをする「あなたの感情」も

大事になってきます。

 

あなたが「メチャクチャ楽しい」と

語っているのに、つまらなそうだったら、

相手もそんなに聞きたくはならない

ですよね。

 

あなたが凄く楽しそうだから、

相手も、「そんなに楽しい場所がある

なら教えて欲しい」となる訳です。

 

そして、もし、相手の反応が薄くても

気にしてはなりません。

気にすることで、話の勢いが失われて

しまいます。

 

上記の例だと、「いやいやいや、マジで

あそこ楽しいんだって!!」とか、

「ホント、ゼッッッタイ人生の中で

一番面白いって言える所だから!!」

 

みたいに、相手の反応の薄さとは

関係なしに話し切りましょう。

 

1つ例を挙げると、

 

お笑い芸人は、どんなに会場が

冷え切っていても、最後まで

ハイテンションですよね。

 

そんな感じです。

 

【授業は波動拳の撃ち合いだ!!】

の所でも似たことは述べていますよね。

 

授業のポイントや、重要語句を切り出す

タイミングなどで、この話し方を

意識してみると良いと思います。

 

日常の会話でもこういうことを意識

していると、上手くなるのが早いです。

 

ただ、あまりにも度が過ぎると、

「ウザッ!」とか思われるかも

知れませんので、ご注意を。

(何でも長ったらしく言えば良い

訳ではありませんよね。)

 

 

最後に、引っ張る話し方とは少し

違う部分もありますが、

 

『ポイントの伝え方を定番化する』

のもアリかなと思います。

 

例えば、

 

「〇〇先生の、△△シリーズ~」

 

みたいな感じで切り出す。

 

こうすることで、生徒を集中させ、

ポイントや覚えて欲しい所などを

効果的に伝えることが出来ます。

 

以上、お試しあれ。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。