【15・45の法則-プレゼンスキル】

社会科講師発展編




 

【15・45の法則-プレゼンスキル】

 

 

さて、今回のこのタイトル。

 

15

45(50)

 

これは、効果的な学習を促す為に、

不可欠な数字です。

何を表しているか、分かりますか?

少々お考え下さい。

 

では、スタート~!🚩

(考え中)

実はこれ、

 

『人間が集中出来る時間』を表します。

 

数字の単位は「分」ですね。

 

15分と言うのは、

人間が最も集中出来る限界の時間です。

集中力はこの15分を周期に、

集中したり途切れたりを繰り返します。

 

どーでもいい話かもしれませんが、

子供向けの番組が10分位で出来ている

のは、これを意識してのことです。

 

45(50)分と言うのは、

人間の集中力が持続する時間の平均です。

 

つまり、これらから何を言いたいのか

というと、

 

「効果的にワーク(演習)を入れてますか」

ってことです。

 

定期的にワーク(演習)を入れることで

頭の中をリフレッシュし、

また次に進んでいくことが出来ます。

 

15分に1回のワーク(演習)が理想、

45(50)分が限界、

それ以上は授業を聞いていない(笑)

そういうことになります。

 

社会の授業でこれを完璧に行うのは

かなり難しいのですが、

 

私の場合は、

それこそ、このタイミングで

確認テストをしたり、

授業のネタで少し気分転換させるように

意識はしています。

(飽くまで意識ですが…。)

 

ただし、ダラダラと問題演習させれば

良いという訳ではありませんよね。

 

生徒からすると、問題演習の時間は

それ程好むものでは無いと思います。

 

しかも、

「う~ん、どこにしようかな?」

なんて、その時に何となく考えて

問題演習させる講師が割と多いです。

 

出来るなら、解いてもらう問題を

あらかじめ考えておく方が良い

と思いますし、

時間もビシっと無駄が無いように

したいところですね。

 

他にも、色々な工夫が出来るところ

だと思います。

 

授業で習った部分を隣と話し合わせる

だけでも、ワークとして十分な効果が

あるみたいですよ。

 

今回は以上です。

 

テスト対策などで生徒を長い時間

教室に呼んでいる場合でも、

時間設定や授業構成をきちんと

考えなければ、効果は上がらない

ということにも繋がりますね。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。