【この数字は何でしょう?-社会の扉】

社会の扉




 

【この数字は何でしょう?-社会の扉】

 

 

どうも、野本です。

 

新しいカテゴリーを作りました。

本当は「窓」にしたかったんですが、

それだとちょっとマズいんで、

「扉」にしました。

中2感丸出しです。失礼しました。

 

このカテゴリーは、

社会的内容の中で記事が思いついたら、

投稿していきます。

 

さて、今回挙げる数字は、

今の日本人には知っておいて欲しい、

とても重要な数字かと思います。

 

では、いきましょう。

ジャジャン!!

 

「729」

 

この数字は何を表しているのでしょうか?

これは、

2016年に中国船が尖閣諸島周辺の

領海を侵犯した回数です。

 

要は、

1日に2回、中国船は尖閣諸島の周辺

に現れていることになるわけです。

 

フィリピンのミスチーフ礁のお話を

ご存知かも知れませんが、

中国は、計画的にかつ戦略的に

こういうことをやっています。

 

このこと自体が大問題なのですが、

私の職業的な視野からお話しますと、

正直、

教育というのも少しおかしいところ

があるよなと思います。

 

生徒の話を聞いていると、

「日本は世界に迷惑をかけた」

など、そういう観点を好んで

授業をされている先生が

結構多いのかな、

そう思うことがあります。

 

歴史の授業の時に、

真面目な生徒が、真面目な顔して

突拍子もなく言い出したものですから、

Σ(・□・;)

こんな感じになってしまいました。

(自分の意見を述べられるのは

良いことではありますね。)

 

何も、

教育手法や切り口を批判するつもりは

ありません。

そんなもの、私がとやかく言う権利は

当然ありませんので。

 

しかし、上記のような現実も同時に

伝えなければ、いつの間にか、

日本が中国の領土の一部になってしまう

ことも十分あり得るのが、

今日の世界情勢でしょう。

 

そうなってしまえば、それこそ、

大切にしている生徒に危険が及ぶこと

になるのではと思います。

 

少し、話がぶっ飛んでしまいましたが、

私もまだまだ知らないことだらけです。

 

「ほんと、俺って何も知らないなぁ。」

と凹むことすらあります。

 

しかし、

商売として教育活動や情報発信

をしている立場である以上、

私は、更に勉強を重ね、

このブログを読んで下さるあなたに

役立つ内容を、投稿していく所存です。

 

 

あと、

こういう内容を授業の話のネタにするのは

結構面白いと思いますよ。

「領土・領海・領空」の単元で使えます。

社会科講師の腕の見せ所ですね。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。