【赤道の通る場所】

私たちの地球と世界の地域構成




 

【赤道の通る場所】

 

 

最近、思うことがあります。

どうも、野本です。

最近、思うことがあるって話ですが、

 

背景を説明すると、

この前まで小学生だった子なのですが、

中学生になって初の期末テストで

とんでもない点数をとってしまいました。

 

勉強が出来ない子ではあったのですが、

私が担当していた小学生の時は、

少しずつ点数を上げていました。

社会では100点をとったこともある

くらいです。

 

そこで、私が次の中間テストまでに、

他の子のついでに教材を作成することに

なったのです。

またも勃発。

 

別に、私にとって時間外労働や

過酷な労働環境は、遊びのようなもの。

そこは何とも感じていません。

(基準にもよりますが…。)

 

しかし、思うんです。

::::::::::::::::::

やれるだけのこと、やってんのかな。

::::::::::::::::::

って。

 

何も他者批判したい訳ではありませんよ。

教材作成もやりたいからやるんですし。

そもそも、私のキャリアは長いですから、

点数を上げて当然ですしね。

 

でも、一番大切なことって、

==================

出来得る限りの全てをやる

==================

ってことなんだと思うんです。

 

でないと、生徒はおろか、

先生の能力すら伸びていきません。

 

先生の能力が伸びなければ、

生徒の能力を伸ばせる訳がありません。

(一部の例外はあるかと思いますが…。)

 

私の手元を離れた子なので、本当は、

担当している先生にガムシャラな行動を

期待したいんですよね。

 

まあ、ちょっとしたボヤキってことで…。

本題に入りましょう。

 

 

〇赤道の通る場所

 

これは、きちんと覚えていないと

いけない内容ですね。

まあ、基本ですが、

ギニア湾とアマゾン川の河口を通る、

これが最低限かと思います。

 

これだけだと物足りないぞ、

そう感じてしまうならば、

ギニア湾に面した海岸は「奴隷海岸」

と呼ばれていたことなどを、

+αしても良いかも知れません。

 

 

〇取り合えず、言いたいこと

 

とは一体何なのか。

 

これを見て下さい。ココです、ココ!

見えづらいので、画像を変えます。

インドネシアのスラウェシ島です。

 

このスラウェシ島。

ワニのような生き物が、大きな口を

開けているように見えませんか。

(北海道学力コンクールのドーコン君に

似ているという噂も…。

ちなみに、ニューギニア島ってガメラに

似ていません?)

 

その口の中を赤道は通っています。

 

そして、この辺りは暑いι(´Д`υ)アツィー

ワニの口から、ゴォォー!っと

ファイヤー🔥🔥🔥が出ています。

てな訳で、赤道周辺は暑いんですね。

 

…なんて、ノリで言ってみてはいかが

でしょうか。

 

 

〇おわりに

 

いかがでしょうか。

 

今回は、そんなに大層な内容では

ありませんが、

敢えてご紹介させていただきました。

 

授業ではノリも大事です。

「これは面白い。」と思うことがあれば、

本気で言ってみましょう。

中途半端だと、見ている方が痛くなって

しまいますよ(笑)

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。