【フィヨルドに行って……】

統合を強めるヨーロッパの国々




 

【フィヨルドに行って……】

 

 

突然ですが、

実は私、フィヨルドに行って……

 

どうも、野本です。

さて、今回のタイトルですが、、、

 

実は、

フィヨルドに行ってみました\(^o^)/

…なんて話ではありません。

 

残念ながら、ヨーロッパには行ったこと

がありません。

 

しかし、

そうであっても教えなければなりません。

 

まるで自分が行ったかの

ように話さなければならん

のですよ。

 

ですので今回は,

フィヨルドに行って…

・・

・・・

・・・・

・・・・・

みたいっスってことです。

 

今回もよろしければお付き合い下さい<(_ _)>

 

〇フィヨルドって何?

 

フィヨルドとは簡単に述べると、

 

氷河が融けて流れる際に大地を侵食し、

そこに海水が入ることで

出来た湾・入り江のことです。

 

①氷河が融けて流れ、大地を侵食します。

②更に深く大地を削っていきます。

③海水が入り込み完成。

 

地図上で見るなら、

こんな感じのところですよね。

※Google Mapsより作成

 

周囲は断崖絶壁の川のようになっていて、

でもその水は海水なんだよ。

っていうちょっと不思議な場所です。

 

中には数十kmも中に進める場所があり、

有名な観光資源になっています。

 

〇リアス式海岸なら行きました\(^o^)/

 

私、野本卓。

似た場所なら言ったことがあります。

 

3・11のボランティアの時に行った、

三陸海岸です。

※Google Mapsより作成

 

リアス式海岸のことですよね。

 

ちなみにリアス式海岸は、

海水面の上昇などの影響で出来た、

複雑な海岸のことです。

 

自分で撮った写真が残っていないので、

コチラをどうぞ。

※撮影者「ふぉとぞう」出典「写真AC」

 

個人的には興味深い地形でした。

 

ギザギザの入り江になっている為、

実際に行って眺めてみると、

湖のように見えるんですよ。

 

そこが何とも不思議な感じでしたね。

 

他にもリアス式海岸で有名なのは、

福井県の若狭湾や、三重県の志摩半島が

挙げられます。

※Google Mapsより作成

 

〇おわりに

 

いかがでしょうか。

 

自分で行ったことがある場所を

写真で撮っておいて、

 

それを生徒達に見せるのも面白いですよ。

 

そういう意味では、

社会を教えている先生は役得ですね^^

 

クリエイティブに、

楽しくいきましょう!

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。