【アメリカの工業について、の、授業!!】

世界に大きな影響力をもつ北アメリカ




 

【アメリカの工業について、の、授業!!】

 

 

どうも、野本です。

今回はアメリカの工業に関するお話です。

 

農業については、こちらをご覧下さい<(_ _)>

↓↓↓↓↓

【アメリカの農業について、の、授業!!】

 

正直ここら辺って、

何を語れば良いのか分からなくなりますよね。

 

特に熱く語れるということもないし…。

そんな風に思ってしまいます。

むしろ、楽しく語り通せるなら、

ぜひ私に教えて下さいませ<(_ _)>

 

今回はアメリカの工業について、

私はこんな感じで語りますといった内容です。

 

 

〇それぞれ盛んな工業

 

まずは、それぞれの都市で盛んな工業を

押えましょう。

 

五大湖の周辺

アパラチア炭田やメサビ鉄山の

大まかな場所は押えておきましょう。

どこら辺で何が採れるのか、

そういったことはテストで良く問われます。

 

それで、

五大湖周辺は石炭や鉄鉱石が採れ、

五大湖の水運も発達しているために

工業が盛んになりました。

 

・ピッツバーグ⇒鉄鋼業

・デトロイト⇒自動車工業

・シカゴ⇒食品工業

 

大体こんな感じです。

 

新しい工業都市

・アメリカ南部には安価で広大な土地が

あったこと。

・石油などの資源があること。

・安価な労働力が豊富なこと。

 

こういったことを背景に、

工業の中心は北緯37度以南の地域

に移っていきました。

サンベルトが有名ですね。

 

・ヒューストン⇒石油化学、宇宙産業

・ロサンゼルス⇒航空産業、(映画産業)

 

他にもサンベルト地域ではないですが、

・シアトル⇒航空産業

なども覚えておきましょう。

 

〇特筆すべきもの

 

飛行機の墓場

Mhv-031118-area3-31cr-8.jpg
Alan Radecki – 投稿者自身による著作物, CC 表示 2.5, リンクによる

 

ロサンゼルスから北へ車で2時間ほどの場所に、

モハ-ヴェ空港という空港があります。

飛行機の墓場と呼ばれる場所です。

 

現役を終えた航空機が集まってきます。

 

場所的にここは乾燥していて、

機体が腐食しづらいために保管がし易いのです。

だから湿潤な気候の日本には、

残念ながら飛行機の墓場はありません。

 

この飛行機の墓場で重機などを使い、

飛行機は解体されます。

 

シリコンバレー

 

サンフランシスコ郊外にある都市、

サンノゼ

 

そこにはシリコンバレーと呼ばれる、

ICT関連企業が密集する地域があります。

 

Google(Alphabet)、Apple、

Facebook(Meta)、Twitter、

Adobe、Intelなどなど、

まさにインターネット業界を牽引している

企業が集まります。

 

Googleなんて動詞にもなっている

くらいですからね。

意味は「Googleで検索する」です(笑)

 

GAFA(ガーファ)やビッグ・テックという言葉を

ご存知でしょうか?

 

GAFAのアルファベットは、

それぞれの有名企業の頭文字をとったもの。

G→Google(Alphabet)

A→Apple

F→Facebook(Meta)

A→Amazon

これにMicrosoftを入れて、

GAFAM(ガファム)とも呼ばれます。

 

ビッグ・テックというのは、

GAFA(GAFAM)の別名です。

 

トランプ大統領のツイッターが凍結

されましたよね。

 

上記のような企業が

あまりにも力を付けてしまうことは、

情報の隠蔽や統制にも繋ることが多く、

個人的にそこはいかがなものかと思います。

 

そして、わ、、、おっと、誰か来たようだ(笑)

 

 

〇おわりに

 

いかがでしょうか。

 

アメリカは普通(?)の工業も当然発展していますが、

やっぱりGAFAMなどを含む

先端技術産業(ハイテク産業)

が凄まじいですよね。

 

ただ、これらの企業と金融資本主義が

密接に絡まって、

現代の新たな問題を生み出していると感じます。

 

あなたはどう思いますか?

 

最後に、

ヒューストンのスペースシャトルに乗る時は、

皆さんベルトを締めましょう!

 

皆→北緯37

さんベルト→サンベルト

 

では、今回はこの辺で。

 

 

このブログを読んで下さる方々に

最大の敬意を込めて。

あなたの生徒が輝く授業を

最大限していきましょう。

ありがとうございました。

 

 

メルマガを配信しています。

私の記事が面白い、役に立つと感じていただけたなら、

ぜひ、こちらもよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓

無料メールマガジンの登録は画像をClick!

メルマガ登録特典もご用意しています。

社会科講師としてさらに成長するために必須

のアイテムです。

ぜひ手に取っていただき、さらに成長・飛躍を遂げ、

生徒や保護者から厚く信頼され、

明るく充実した日々を過ごしましょう!